前へ
次へ

自己破産で弁護士に相談するメリットと督促

自己破産の手続きを行う方法は、主に2通りあります。
自力で破産の手続きを進めていくか、弁護士に相談してみる方法がありますが、多くの方々は後者を選んでいます。
そもそも自力で自己破産するのは、かなり労力を伴ってしまう事も多いです。
例えば金融会社からの督促です。
返済に滞ってしまえば、たいていは金融会社から電話が来ますが、それも1日だけではありません。
ほぼ毎日のように督促が続きます。
自力で破産の手続きを進める場合は、その督促に耐えなければなりません。
かなりストレスが大きいので、あまりおすすめできません。
しかし弁護士に手続きを依頼した時には、基本的には督促はストップします。
弁護士が受任した状態になりますから、金融会社からの連絡もほぼ無くなる訳です。
また弁護士に依頼する方が、労力もかなり軽減される傾向があります。
自力で手続きを進める場合、色々なことを実行しなければならず、とても大変です。
しかし弁護士に依頼しておけば、色々な手続きを代行してくれます。
ですから自力で手続きを進めるというより、弁護士に相談する方が良いでしょう。

Page Top