前へ
次へ

収入要件に左右されない自己破産

債務整理の手続きによっては、ある程度の収入が必要な事もあります。
安定収入が無いと、債務整理の手続きは困難な事もありますから、注意が必要です。
例えば任意整理という手続きです。
任意整理は借金を減らすために交渉する手続きになります。
交渉に成功すれば、借金を減らすことは可能ではありますが、それでも残債は残ります。
減額によって残債が150万円になった場合は、その150万円の返済は続ける必要があります。
150万円ぐらい返済するとなると、やはり安定収入も必要です。
ところが自己破産の手続きを行う分には、それほど収入に左右される訳ではありません。
現に生活保護を受けている方でも、自己破産の手続きを進める事ができます。
保護を受けている状態ですと、150万円を返済するのは困難な事もありますが、破産手続きならその残債もゼロにできる訳です。
たとえ収入が安定していなくても手続きを行えるだけに、任意整理でなく自己破産を選んでいる方も多いです。

Page Top