前へ
次へ

自己破産を行うと賃貸に住めなくなるのか

自己破産をすると、しばらくの間はお金を借りられない状態になります。
クレジットカードの場合は、最低5年程度は発行できない状態になります。
ただし10年ぐらい経過すれば、改めて発行できるケースも多いです。
そのイメージが強いので、たまに自己破産は誤解されている事があります。
破産手続きを行った後は、賃貸物件に一切住めなくなってしまうと思われている事も多いです。
確かに賃貸会社によっては、保証会社を利用している事もありますから、入居が難しくなるケースはあります。
しかし「全て」の賃貸が、保証会社を利用している訳ではありません。
保証会社とは無関係に、入居審査を行っている賃貸物件もあります。
その物件であれば、特に問題なく入居できる事もあります。
ちなみに公営の賃貸住宅などは、比較的審査に通りやすいと言われています。
保証人を立てると、特に問題なく借りられる事もあります。
いずれにせよ自己破産を行ったからと言って、賃貸物件を借りられない訳ではありません。

Page Top